小説「サークル○サークル」01-215. 「加速」

「出来たよ」
シンゴはスクランブルエッグと、バターを乗せたマフィンを食卓テーブルに運びながら、アスカに言う。アスカは髪を拭く手を止めて、シンゴの方を見て、さっきと同じ笑顔で「ありがとう」と言った。
アスカは洗面所に行き、髪を一つにまとめて、ヘアクリップでアップにした姿で食卓テーブルに戻ってくる。
「美味しそう! いただきます」
アスカは嬉しそうに言った。
「どうぞ」
シンゴは向かいに座り、淡々と言う。ここで笑顔になれれば良かったものの、いろんなことを考え過ぎて、作り笑いすら上手く出来なかった。アスカに不審に思われなければいいな、と祈るような気持ちでコーヒーに手を伸ばす。
シンゴは平静を装うようにコーヒーに口をつけた。苦味と酸味が口の中に一気に広がり、その両方が口の中から消え始めた瞬間、少しだけ気持ちが落ち着いた。
「やっぱり、シンゴの作るスクランブルエッグは最高ね」
アスカは満足そうに微笑むと、シンゴを見つめた。

Facebook にシェア
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


dummy dummy dummy